Marcenaria Baraúna

Sao Paulo, Brazil

Marcenaria Baraúna

バラウナ工房は、ブラジル・アルキテトゥーラ社で建築デザインの分野で活躍していた、フランシスコ・ファヌッチ、マルセロ・フェラス、マルセロ・スズキによって、1986年にブラジル・サンパウロにて設立されました。

彼らは他分野の専門家とも積極的に交流を図り、さまざまなプロジェクトを行いました。
そのプロジェクトの一つとして代表的なのが、マルセロ・フェラス、リナ・ボ・バルディが共同で手がけた「SESCポンペイア文化センター」です。このプロジェクトがきっかけで、自分たちでデザインした家具を自分たちの手で製作するために、家具工房を立ち上げるというアイデアに至り、バラウナ工房での家具作りがスタートしました。翌年の1987年から商品としての家具製作が本格的に始動し、フレイ・エジディオチェアとジラフチェアが発売されました。

彼らの家具に対するアプローチは、実に建築的であると言えます。
家具や木製品をただデザインするのではなく、それを実現するためのプロセスやディティールを徹底的に追求しています。構造の論理、バランス、素材の性質と耐性、快適さ、生産における経済性といった細部にまで考慮した上でデザインされ、視覚的に美しくありながらも、フォルム、素材、構造全てにおいて未来を見据えた、明確で論理的な理由が存在します。

1994年にマルセロ・スズキが会社を去った後も、創設メンバーであるフランシスコ・ファヌッチとマルセロ・フェラスがアドバイザーとして会社を支え、バラウナ工房は現在も変わらずに職人の手作業で丁寧に制作を続けています。

Marcenaria Baraúna Marcenaria Baraúna

​◾️CASA DEは、[Chapo Creation] の国内総代理店です

Marcenaria Baraúna Products VIEW ALL